キャンプ用品を集め始めるきっかけの話。

こんにちは!
 
最近、温泉に入ってないので、景色の良い露天風呂に入りたい欲の強いきょんです♪
 
仕事で箱根にやってきたのですが、いやー外人さん多い!
 
箱根観光は何が楽しいんでしょうね?
 
情報お待ちしております(^^)/
 
 
 
さてさて、前回アウトドア夫婦との交流の始まりを書いてまいりました。
 
その後も一緒に久里浜からのカワハギ船に乗って釣りに行ったり
(スピニングリールで馬鹿にされましたけど、普通に釣れました!)
 
何やら色々なイベントに誘われるようになりました♪
 
 
 
その中でも、夫妻が一番力を入れていたのがキャンプ!
 
何やらどでかいテントを立てて、焚火をしたり、肉食べたり、お酒飲んだりっていうのを、写真で送って来てました(笑)
 
荷物が多そうで全くやる気はなかったですが・・・。
 
ハマってしまったのか夫妻はだんだんみんなを誘ってイベント化していきました。
 
夏休みキャンプとクリスマスキャンプが定番化してきそうな頃、きょんもバイクを買ったので、ツーリングがてら参加することになりました。
 
道具は一切持っていませんでしたが!!
 
泊まりは先輩のテントの間借り(笑)
 
 
 
仕事終わりで夜着いたのですが、温かく迎えてくれました♪
 
いつも釣りバーベキューで良い肉を持ってきてくれる先輩が、僕のためにステーキ肉をまるまる一枚残しておいてくれました☆
(本当は食べるものがたくさんあって、食べきらなかったらしいですが)
 
豪快にかぶりつき、ビールを飲む!
 
最高!!
 
 
 
いつも仕事でお世話になっている別の先輩も、その時テントデビューをしたみたいでした。
 
最初から重装備でしたが(笑)
 
なんだか色々なグッズを選んだり、工夫して積んでいるのを見ると、ちょっと楽しそうだなーっと思ったのが始まりでしたねー。
 
まあ、その時はまだ現実的に考えてはいなかったんですけども、仕事で出張の時に別の仲間と話していたら、その人も最近キャンプに目覚めたらしく、暇さえあればネットショッピングをしているそう。
 
そんな話をしていたら、なんだか僕も色々調べ始めてしまいました(笑)
 
 
 
皆さんキャンプ用品て、こだわるところが色々違うみたいですねー。
 
その友人は、薪やら炭やら、燃やすものばっかり見てましたね。
 
あと薪を割る鉈とか斧とか(笑)
 
 
 
僕はというと・・・。
 
やはりここはバイクのことが第一優先になってくるんですねー。
 
主に小ささ!
 
これにつきますねー。
 
小ささを基準に考えた、キャンプ用品集めの始まりでした。
 
 
 
今日はこの辺で☆

購入時、バイク屋さんにつけてもらった初期オプションの話。

こんにちは!
 
エビ出しのたこ焼きを作るのが得意なきょんです♪
 
 
 
前回、保険のことで終わってしまった納車時の話。
 
 
 
今回は、納車時オプションをどうするか?
 
というテーマでお話したいと思います。
 
 
 
バイク屋さんの好意で、初回のオプションは工賃をサービスしてくれるそう。
 
結構こういうサービスをしてくれるお店って多いそうです♪
 
お得な感じですね☆
 
自分でやるのはめんどくさそうなものを優先しようと決める!
 
 
 
 
 
まずは・・・
 
 
 
・ETC
 
正直高速に乗るかわからないし、いらないかなーとも思ったのですが、自分で取り付けるのは面倒くさそう!
 
そして、もし高速道路に乗るときに、バイクだとお金を出すのが面倒くさそう!
 
折角高速に乗れるバイクですから、ここはつけておこうとお願いしました♪
 
 
 
 
 
次に・・・
 
 
 
・イモビライザー
 
近年バイクの盗難は約10分に1台のペースで起こっているそうです。
 
学生のいたずら、外国人の転売目的、プロの犯行・・・。
 
と色々あるようですが、対策をするに越したことはありません。
 
ということでイモビライザー導入!
 
指定の鍵でしかエンジンがかかりません。
 
しかもエンジンをかけるのに、ちょっとした所作がいります。
 
さらに、バイクが傾くとけたたましく警報がなります。
 
少しは安心かな?(笑)
 
そうそう、バイク屋さん曰くETCとイモビライザーはつけるところがかぶるため、両方搭載するには少々技術がいるそうです。
 
 
 
 
 
次に・・・
 
 
 
・HIDキット
 
以前車に乗っていたころに通常のオレンジ色のライトをやめてHIDにしたら、めちゃくちゃ見やすい!
 
もうオレンジ色のライトには戻れない!
 
と、思い導入。
 
R25は基本片目点灯なので、少々もったいない感じですが、非常に明るくて良い♪
 
ポジションライトがセットになった専用品があります☆
 
 
 
 
 
次に・・・
 
 
 
・マウントステー&USB端子
 
これはデジタル派のきょんには必須の装備!
 
スマホをナビがわりにしたり、色々なことに使います。
 
ハンドルまわりに2口、タンデムシート下に1口用意してもらいました♪
 
 
 
 
 
最後に・・・
 
 
 
・スライダー
 
昔、NS-1でカウルが半分吹き飛んだことを考えると、あった方がいいかなぁと思い導入。
 
ワンポイントドレスアップになるかな?という気持ちもあって♪
 
最初は純正のものを希望していたのですが、バイク屋さんからカウルの穴あけが必要なことと、
 
あまりスライダーとしては最適じゃないと聞き、おすすめのものに変更!
 
転ばない・・・ようにはしますが、保険ですね(笑)
 
 
 
以上が考えに考え抜いた初期オプション!
 
参考になりましたか?
 
それともこれいるだろ?
 
みたいのが他にありますかね?
 
なにはともあれ楽しんで行きたいと思います♪

購入を決め、最初に悩んだ保険の話。

こんにちは!
 
スタバではコーヒーではなく、ラベンダーアールグレイラテのソイオールミルクのきょんです♪
 
昔、スタバのスタッフとお話して、マニアックだけどわかりますと共感を得たので、絶対うまい!とおすすめします(笑)
 
 
 
さてさて前回購入を決め発注!
 
そこで悩んだことを書いて行きたいと思います。
 
 
 
まずはなんと言っても保険。
 
加入が絶対条件の自賠責保険は何年入るか?
 
 
 
保険期間   保険料  1年あたりの保険料
 
  1年    9,510円    9,510円
 
  2年   14,290円    7,150円
 
  3年   18,970円    6,320円
 
  4年   23,560円    5,890円
 
  5年   28,060円    5,610円
 
 
 
見て頂けるとわかるように、自賠責保険は長期間一気に契約した方が、一年あたりの金額が安いんですねー。
 
とは言え、中型のバイクに乗ると、すぐに大型のバイクにステップアップしたい!
 
って言う人が多いらしいので、ここはどうするべきか・・・。
 
この時点で、大型二輪の免許も持っていないし、大型バイクに乗る気もなかったので、ガッツリR25と付き合うことを考えて5年を選択!
 
 
 
 
 
次は任意保険。
 
これは入らない人も多いらしいけど、バイク屋さん曰く入っていた方が何かと安心とのこと。
 
もし事故を起こしたり、巻き込まれた場合も、任意保険があるとないとでは大きく違う・・・と。
 
主に相手がいる時の保証にかんしてですかね。
 
安全第一のきょんはもちろん加入!
 
初年度は様子見もかねて、わりとオプションが充実したものを。
 
弁護士特約というものがついたものを推奨されたので、バイク屋さんを信頼して選択。
 
年間2万円ちょっとかかりますが、まあ他の部分でも融通聞いてくれそうなので、許容範囲♪
 
 
 
 
 
話は逸れますが、なぜ任意保険ってあるんでしょうかねー?
 
そもそもなんでこんなに入る人と、入らない人がこんなに分かれているのでしょうか?
 
 
 
車だと入る人がほとんどの印象。
 
原付だと入らない人がほとんどの印象。
 
普通二輪だと・・・?
 
 
 
この違いって、やはり事故率が高いかってことと、相手の持ち物に与えるダメージの違いかなと思います。
 
あとは責任感と危機感ですかね?
 
 
 
まず車で事故を起こした場合、車体の重さもあるので、相手の車、もしくは相手自身に与えるダメージが大きくなりますよね。
 
なので、損害賠償も多くなる・・・と。
 
任意保険に入る理由もわかります。
 
 
 
では原付では?
 
車体は軽いし、基本的に道路では弱者なので、相手が自転車か徒歩でもない限り、あまり大事にはならないかと思います。
 
もちろん自分がケガをするリスクは大いにありますが、大事なのは相手がいる場合ですので、加入してない人が多いのかもしれません。
 
それと、車のファミリー特約に入ったりと安価で済む場合も多いです。
 
原動機付自転車と呼ばれるくらいですから、手軽な乗り物です♪
 
 
 
普通二輪だと?
 
原付の延長線上で乗っていると、加入していない人が多そうですよね。
 
しかし、原付よりも重量はありますし、スピードも出ます。
 
相手に与えるダメージは車ほどではないにしろ、かなり高まると思います。
 
大型バイクに乗っている人はその辺の良識もありそうなので、加入率は高そうですね♪
 
 
 
バイクで走ってると、車が車線変更をしてきて危ない場面とかないでしょうか?
 
バイクというのは車からは非常に見えにくい存在のようで、僕も非常に危ない目にあったことがあります。
 
また、事故を起こした時の手続きの面倒くささ、相手との交渉等も車に乗っている時も
 
保険に加入していたことで、代理でやってもらえます。
 
事故を起こしたら、少なからず冷静ではいられなくなると思うので、そういった意味でも保険に入っていると安心かと思います。
 
 
 
 
 
保険の話で終わってしまいましたが、購入を決めてから最初にやったことでした(^^)/
 
次は最初にオプションでつけたパーツを紹介していきたいと思います♪

購入店の選び方。

こんにちは!
 
ジメジメとして暑いですねー(-ω-)/
 
カラッとした空気の涼しいところを走りたいものです♪
 
 
 
さてここまで長々と乗るまでの経緯を書いてきましたが、これが最終回になりそうです。
 
そう!
 
購入を決めたんですねぇー!
 
随分回り道をし、色々な困難(?)を乗り越えてきました。
 
 
 
初めてのバイクNS-1から15年少々。
 
こんなことを言うと年齢がバレてしまいそうですが(笑)
 
 
 
購入に際して気を付けたことをいくつか。
 
まず、購入店ですね。
 
試乗したお店でも良かったのですが、どうせならば値引き率が良いところがいい!
 
そして、アフターサービスをしっかりとやってくれるところ!
 
あとは、コミュニケーションが気軽に取れそうなスタッフがいるところ!
 
僕が重要視したのはこんなところですかね♪
 
 
 
これから購入しようとしている人のためになればと思いひとつずつ説明していきますが・・・(いらない?)
 
いや、勝手にしますけどね!(笑)
 
 
 
・値引き率
これは新しいモデルなので、あまりないと言われています。
しかし、探せばお店によっては結構引いてもらえるので、ネットで探してみたり、直接交渉をもちかけましょう。
僕は7万円値引きしてもらいました。
コツは、今後もアフターサービスをお願いしたい空気、アフターパーツを色々つけてみたい雰囲気。
バイク屋さんは、長く付き合えるお客さんだと、色々と融通してくれる傾向にあります。
 
 
 
・アフターサービス
これも前途の項目と少し近いですが、オイル交換やタイヤの空気圧、チェーンの張りなど、
定期的にメンテナンスが必要な部分に対してアナウンスをしてくれたりアドバイスをくれる。
電話でやり取りができる。
あとは家からあまり離れていないバイク屋さんの方が、いざという時に頼りやすいです。
 
 
 
・コミュニケーション
バイクのカスタムの話や、メンテナンスの話。
さらには関係ないことでも気さくに話すことが出来て、信頼できるスタッフ。
保険の相談なんかも出来ると良いですね☆
街のバイク屋さんは職人の世界みたいなところもあるので、こういうお話が苦手な方も多い。
要は性格が合うスタッフがいるところの方が、後々が楽です。
 
 
 
 
 
こんな感じでしょうか?
 
いくつかのお店で見積もりを出して頂き、スタッフとお話をしてみる。
 
そして、気に入ったお店があったので、購入する旨を伝える。
 
家からバイクで15分くらいのところですね。
 
オール徒歩でも40分。
 
バスを使えば25分・・・ってどうでもいいか(笑)
 
 
 
とにかく行きやすいお店です♪
 
しかし、ABSモデルが発売したばかりということもあって注文が殺到しているそうで、青は1ヶ月待ち、黒は2週間待ち、赤は1週間だったかな?
 
やはりYAMAHAカラーである青を選ぶ人が多いみたい。
 
だけど、かぶるのが嫌なきょんは迷った挙句に黒を選択!
(黒も結構走ってるんですけどね・・・)
 
 
 
 
 
そんなこんなで購入を決めたきょん。
 
納車が楽しみです♪

乗り比べ試乗とABS。

こんにちは。
 
リコールからバイクが返ってきました♪
 
オイルが全入れ替えになっていましたが、同クラスのオイルを入れてもらうことが出来ました☆
 
 
 
前回、バイク購入へと気持ちがシフトアップしていったきょん。
 
Ninja250とYZF-R25の一騎打ちになったところで、さらに色々と調べる。
 
Ninja250は発売してから時間が経っているので、熟成されているそう。
 
対してYZF-R25は発売したばかり。
 
31馬力のNinja250に対して、YZF-R25は36馬力。
 
やはり最新モデルの方が優れているのだろうか?
 
だけどスペックだけでそもそもわかるのだろうか?
 
カタログも取り寄せにらめっこ。
 
 
 
決めかねたまま、やはり試乗してみないことには・・・
 
と、思い試乗が出来る販売店を検索♪
 
いやーネットは便利ですねぇ(笑)
 
ちょうど両方の車種を乗り比べ出来る企画をやっているお店を発見!!
 
早速休みに合わせて申し込み(^^)/
 
 
 
当日、販売店にコースの説明をされいざ!
 
・・・と言いたいところでしたが、免許を取ってからかなりの時間が経っていたのでちょい不安。
 
しかも大都会の公道。
 
 
 
店員さんに
 
「これは一人で乗ってきていいんですかね・・・?」
 
と聞くと
 
 
 
『はい。どうぞー!』
 
との返答。
 
 
 
うーん怖い!
 
ということで、店員さんに先導してもらい乗る事に。
 
 
 
 
 
まずはNinja250から。
 
安定した走行感、スルーっと加速していく。
 
適度な重さがあり。
 
とにかく安定している印象。
 
 
 
続いてYZF-R25。
 
乗った感覚が少し軽いイメージ。
 
Ninjaよりも高回転型な感じで、後からパワーがやってくる。
 
なんだかNS-1を思いだす♪
 
だけどちょっとプラスチックな感じが多くて安っぽさもある。
 
あとはスピードメーター付近がかっこいい!
 
 
 
うーん・・・。
 
でもやっぱ自分の見えるところがかっこいいのがいいからなー。
 
ということで、YZF-R25に気持ちが傾いたところで乗り比べ終了。
 
 
 
 
 
それからは某掲示板を見たり、ネットサーフィンしたり、貯金をしながら迷うのを楽しんでいました。
 
 
 
 
 
そしてとうとう・・・。
 
 
 
 
 
僕を最後のひと押ししたのはABSモデルの発売でした。
 
正直どちらでも良かったのですが、今後必須になっていく機能というのと、少しでも安全性能が高い方が良いかと思いましてABSモデルを選択。
 
ABSなんて邪道だ!って言ってる人を良く見ますけど、咄嗟の時は役に立つのではないかなと思います。
 
まあそういう場面に出くわさないようにするのが一番かもしれませんが・・・(笑)
 
 
 
                              つづく。

100点の運転。

こんにちは。
 
バイク屋さんはR25のリコールに追われてて大変だそうです。
 
だけど、いろんなR25が見れて面白いとも言っていました♪
 
 
 
 
 
さて、前回のつづき。
 
教習所で最初からスイスイ教習車に乗れたきょん。
 
順調に第一段階、第二段階をこなし、とうとう免許取得試験。
 
 
 
優等生きょんは、大げさに点検や後方確認を行い、緊張しながらもさくっと試験終了。
 
途中ちょっと微妙だったかなぁと思う部分もあったのですが、結果を待つ。
 
問題なく合格者の部屋に呼び出され、なぜだか点数を告げられる。
 
普通点数は言わないそうなんですけど、ちょっとかわった試験官だったのでしょうか?
 
きょんのことを指した教官殿は高らかに「100点!!」と言った。
 
 
 
正直、試験、テストというものを長年やっていなかったもので、非常に嬉しかった!
 
これにて教習所通いは終了!
 
とは言え、小笠原に行く予定にも間に合わなかったし、結局タイミングを逃したので、バイク購入はお預け。
 
 
 
免許を取ったと友人に言うと、バイクは何買ったの?と聞かれましたが、何も!という日々(笑)
 
とりあえずヘルメットとグローブを買って免許を取っただけだと!
 
バイク乗りにはそれが理解不能だったみたいですねぇ。
 
 
 
 
 
そこからまた時が経ちました・・・。
 
 
 
 
 
1年半ほど経った頃でしょうか?
 
人生の転機が訪れ・・・
 
というか住んでいるところの管理体制に嫌気がさしてきました。
 
管理会社は頻繁にかわり、なんだか危険な気がしてきたので引越すことにしました。
 
タイミング良く、良い物件が見つかり、そこはバイク置場がある!
 
もちろん有料なのですが、以前見た駅前の月極バイク駐車場よりも安い♪
 
 
 
引越を期に、バイクを購入・・・とはいきませんでした(笑)
 
費用がかかったので、残高が・・・(笑)
 
しかし、購入に対しての意欲が非常に高まり、そこから色々と探し始めました。
 
もちろん車検がかからない250ccで!
 
 
 
気になっていたNinja250Rの後継Ninja250が第一候補。
 
昔乗っていたNS-1の名残でHONDAのCBR250R。
 
そして・・・発売したばかりのYAMAHAのYZF-R25。
 
SUZUKIは・・・GSR?フルカウルじゃなかったので除外です(笑)
 
 
 
例の如く、バイクにも詳しくなかったので、ネットの力を借りて色々と調べました。
 
まずCBR250Rは単気筒というエンジンで、街乗りには向いているそうですが、最高速が低く、見た目も軽そうで貧弱な印象。
 
相変わらずとんがりたいきょんは折角中型に乗るのだからと除外。
 
 
 
実質、Ninja250とYZF-R25の一騎打ちになったのでした。
 
 
 
                              つづく。

ガラパゴスバイク。

こんにちは!
 
不安定な天気が続いてますねー。
 
なかなかバイクに乗れてないですが、合間を縫って横浜を走ったりしています♪
 
 
 
さて前回NS-1を後輩に譲り、バイクと関わることもなくなってしまいました。
 
さらにもっと都会に引越すことになり、コストの問題で(駐車場が高額)車に乗ることもできなくなってしまいました。
 
大都会は電車がどこでも走っていますからねー。
 
新しく住むことになったところには駐輪場がなく、自転車すら乗らない生活が始まりました。
 
それでも不便は感じなかったのです。
 
 
 
ある時、趣味のコミュニティで知り合った仲間がバイクに乗っていると聞き、タンデムで乗せてもらうことになりました。
 
タンデムではあるものの、久しぶりに乗るバイクは爽快♪
 
やっぱりいいなぁーと思いつつ、自宅の駅前の駐輪場を調べても空きはなし。
 
まあどちらにせよ、免許も持ってないんですけどね・・・。
 
 
 
それからさらに時は経ち、東洋のガラパゴス諸島と呼ばれる小笠原に旅に出ることになりました。
 
小笠原はフェリーで25時間半かかる、文字通り秘境です。
 
独自の進化をした生物がいたり、世界遺産にも登録されたところ。
 
しかも、僕が行く日程は一年に一回フェリーがドックに入る時期、1月中旬。
 
20泊23日です♪
 
 
 
車を持ち込むにはコストがすごいかかる。
 
125cc以下のバイクだと預け荷物で対応ができるそう。
 
この時、とりあえずヘルメットとグローブだけ買って教習所に行こう!と、ふと閃きました。
 
 
 
家から通える駅近の教習所を探し、早速入所。
 
出来る限り最短で取れる時間割を組んだのですが、やはり冬休みだったからか、思うようにスケジュールが取れず、小笠原に行くのに間に合いませんでした><
 
小笠原では原付を借りて過ごすことになったのでした・・・。
 
 
 
小笠原から戻ってきて、すぐに教習所通いを再開!!
 
そういえば、車の免許を持っているので学科は免除なんですよねー。
 
入所した時から、いきなり実技。
 
教習者はCB400SF☆
 
定番のやつですね!
 
 
 
教官は僕がMTバイクに乗っていたことを知ると、とりあえず勝手に乗ってみるように言われる。
 
言われた通りに乗ってみるが、わりとすんなり乗れる。
 
もちろんパワーは全然違うのですが、軽量なのか、昔のイメージとあまりかわらない感覚でスイスイ。
 
他の教習者はその光景が信じられないのかあたふた。
 
そこで教官は「みんな彼みたいに乗れないのは当たり前ですからねー。ゆっくりでいいですよ」と。
 
なぜ先に乗せた?みんなが自信なくさない?
 
とも思ったが、きっと教官からしたら、最初から教える手間を少しでも省いたのかなーと納得。
 
 
 
                     つづく。

忍者と伝承。

こんにちは!
 
滋賀の名物は近江牛?!
 
しか知らないきょんです♪
 
昨晩一頭買いの食べ放題を食べて、美味しかったけど胸やけしています☆
 
 
 
さて、前回事故にあったNS-1。
 
時は経ち都会に引越す事になり、愛車も一緒に持って行こうとするきょん少年。
 
都会は車がたくさんいて危ないとおかんに猛反対をされなくなく断念。
 
しばらくの間、実家の倉庫で眠ることになるのでした。
 
あーかわいそう。
 
 
 
大人になり車に乗るようになり、バイクのことなどすっかり忘れていました。
 
そんな時、友人のデザイナーさんの家で飲んでる時の事。
 
「最近このバイクが気になるんだよねー!」と、ある動画を見せてもらいました。
 
そこに映っていたのは、KawasakiのNinja250R
 
確かにかっこいい・・・。
 
2スト全盛期の時代は、HONDAのNSR250やYAMAHAのTZR250というバイクが流行っていた。
 
排ガス規制により終売してしまい、250ccのマーケットは非常に衰退したと聞いていました。
 
そんな時に彗星の如く現れたスポーツバイク!!
 
かっこいい!!
 
今度乗るなら、こういうバイクに乗りたい!!
 
と、密かに思うようになっていきました。
 
 
 
そしてその時期、NS-1との別れもやってきたのです。
 
後輩が大学の通学用にバイクに乗りたいと。
 
だけどスクーターは嫌だと。
 
 
 
あーなんか昔の僕を見ているようだと思い、NS-1のことを教えるとものすごい食いつき方。
 
すぐに調べて実車を見に行ったそうで、欲しいと言ってきました。
 
自分にとってもすごく大事な最初のバイクだったので、どうしようか迷いましたが、大事な後輩だったので譲ることにしました。
 
昔自分が教えてもらったように、乗り方を教えて、メンテナンスをあまりしていなかったこともあって、ちゃんとバイク屋で見てもらえよと。
 
まあいじり方も全く知らなかったんですけどね(笑)
 
離れて暮らしていた彼は、チェーンが外れたとかなんだかんだと色々言って来たのですが・・・
 
「バイク屋さんに見てもらいなさい」
 
と、言いことなきを得ました。
 
 
 
・・・いやいじり方知らなかっただけですけどね!!
 
 
 
彼はそれからバイクにハマり、その後自動二輪免許も取得し、CB400SFを買ったようです。
 
僕のNS-1はと言うと・・・
 
どうやら彼の後輩に譲られて行ったようです。
 
 
 
今頃どこにあるんでしょうね?
 
さすがにもう廃車になってるかなぁ・・・。
 
今でもたまに公道でNS-1を見ると、大事に乗ってるなーと嬉しくなります。
 
青春の詰まったバイクだったので、また乗れる機会ことがあれば是非乗ってみたいなと思います♪
 
 
 
                                                                                                    つづく。

バイク事故は本当に怖い。

こんにちは!
 
YZF-R25がリコールで入院しているきょんです!
 
まあ、お仕事で出張中なのでちょうど良いんですけどね♪
 
ショックなのは先日入れたエンジンオイルが、入れ替えられてしまうことくらいです(笑)
 
 
 
さてさて、前回良い感じで青春を送っていたきょん少年でしたが、災いは突然降りかかります。
 
それは、バイクが好きな親戚のおじさんとその友達と山に走りに行った時のことです。
 
丁度バイトも休みで暇だった時に声をかけられました。
 
普段、ほぼ通勤にばかり使っていたNS-1。
 
山を走らせてみたくなったのです(^^)/
 
 
 
おじさん達は走り慣れている地元民。
 
きょん少年は通勤にしか使ってなかった素人ライダー。
 
ぐんぐん離される!
 
着いて行くのがやっとだったのですが、そこで無理が生じてしまいました・・・。
 
案の定コーナーの導入が悪く曲がり切れずに転倒。
 
頭真っ白になりました。
 
 
 
足が痛い。
 
ジーンズが無残に破れています。
 
血だらけです。
 
そして傍らには、倒れたNS-1。
 
カウルが半分吹き飛んでいます。
 
ショックでしたが、それどころじゃない感じ。
 
頭の中ではおかんに怒られる・・・とか色々想像がかけめぐります。
 
 
 
しばらくすると先を走っていたおじさんが戻ってくる。
 
「お前良く死ななかったなぁー!」
 
「じゃあ、まあ気を付けて帰れよー!」
 
と、走り去ってしまいました。
 
この人めちゃくちゃです(笑)
 
基本責任感があまりない人なので、関わると結構痛い目にあいます(笑)
 
例えるならこち亀の両さんみたいな感じで、色々な遊びが得意で勉強になることも多いのですが・・・
 
 
 
途方に暮れたきょん少年は、カウルの半分取れ、無残な姿になってしまった愛車NS-1に乗り、帰路に着きました。
 
(当然怒られたのは言うまでもありません)
 
 
 
後日、そのまま乗るわけにも行かず、どうするか・・・って感じ。
 
当時、転んでカウルが取れたNS-1をネイキッド仕様にして乗っているヤンキーが多く、ああはなりたくないと思い、修理をすることにしました。
 
修理費用・・・
 
総額7万円超!
 
たっけーーーー!!!
 
本体が30万円するので、それも高いのですが、なかなか精神的にもダメージを受けました。
 
もう2度と無理な運転はしないでおこうと心に誓ったきょん少年でした・・・。
 
 
 
                                                                                                       つづく。

原付初心者教習。

こんにちは!
 
梅雨に入ったようで毎日不安定な天気ですねー。
 
バイク乗りにとってはつらい季節です( ;∀;)
 
 
 
さて、前回NS-1を手に入れたきょん少年。
 
危なげな運転の中、従兄と合流。
 
従兄の兄ちゃんは、田舎の地形を理解した上で、僕をとあるところまで連れて行きました。
 
どんなところかと言うと・・・?
 
こんな感じ♪
 
人通りの少ない坂道ですね!
 
 
 
ここで従兄の兄ちゃんが教えてくれたのは、坂道発進だったのです。
 
当然、クラッチ付きのバイクに乗ったこともないので、なぜこんなところに連れて来られたのかもきょん少年はわからず。
 
おもむろに坂道の途中でNS-1を停め、じっくりとアクセルを回して、クラッチをゆっくりと繋いでいく。
 
徐々に動き出すNS-1。
 
同じことをしてみろと指導。
 
 
 
マネをしてやってみる。
 
しかし、エンスト。
 
 
 
繰り返すこと数回。
 
だんだんぎこちなくも動きだすNS-1。
 
最初はガクガクしていたのも、徐々にきれいにクラッチが繋がっていくタイミングを覚えていく。
 
いつの間にか乗れるようになりました♪
 
従兄の兄ちゃんはその他、目線の方向や前ブレーキ後ろブレーキの使いわけ等、色々なことを教えてくれた。
 
 
 
そして、初めての公道デビュー。
 
田舎ながらもビュンビュン車は通っている。
 
めっちゃ怖い!!
 
うまく流れに乗れるだろうか?
 
他の車に邪魔だと思われないだろうか?
 
色々考えてしまったが、そうも言ってられないので、安全確認をしていざ!
 
 
 
これがバイクの楽しさを知るきっかけでした(^^)/
 
 
 
それからはバイトの通勤に毎日使い、たまに山道を走ったり・・・。
 
田舎なので、そこら中が山なんですけどね(笑)
 
しかし、所詮はやはり原付。
 
法定速度は時速30km。
 
バイクの形状も相成りポリスと不良に狙われる日々(笑)
 
それくらい人気のあるモデルでしたし、クラスを超えたハイパワーでもありました。
 
知識のないきょん少年はいじることもあまりせずに、ただノーマルでたまに2ストオイルを足すくらい。
 
メンテナンスは皆無でしたねー。
 
インターネットというのもあまり普及していなかったので、情報もあまりなく、今考えればNS-1にかわいそうなことをしていたな・・・と。
 
 
 
走る以外にも良いこともありました。
 
 
 
それは・・・
 
 
 
モテる!
 
 
 
田舎なので、高校にバイクで通う子も結構いたのですが、やはり基本はスクーター。
 
一方、諸事情により学校にあまり縁のないきょん少年は、そんなの関係なし!
 
バイト先に行くと、入り待ち出待ちがいることも・・・。
 
 
 
当時の女子高生からしたら、他の子と違って見えたのでしょうねぇ・・・。
 
NS-1の停め場所を知っている同じのバイト先の子が、先に帰る時にシートに手紙付きでチョコレートを置いてくれていたり、何かと青春でしたね♪
 
・・・ちょっと調子に乗ってしまいました。
 
 
 
しかし、良いことばかり続くわけもなく。
 
ある不幸がきょん少年を襲うのでした。
 
 
 
                               つづく。