原付初心者教習。

こんにちは!
 
梅雨に入ったようで毎日不安定な天気ですねー。
 
バイク乗りにとってはつらい季節です( ;∀;)
 
 
 
さて、前回NS-1を手に入れたきょん少年。
 
危なげな運転の中、従兄と合流。
 
従兄の兄ちゃんは、田舎の地形を理解した上で、僕をとあるところまで連れて行きました。
 
どんなところかと言うと・・・?
 
こんな感じ♪
 
人通りの少ない坂道ですね!
 
 
 
ここで従兄の兄ちゃんが教えてくれたのは、坂道発進だったのです。
 
当然、クラッチ付きのバイクに乗ったこともないので、なぜこんなところに連れて来られたのかもきょん少年はわからず。
 
おもむろに坂道の途中でNS-1を停め、じっくりとアクセルを回して、クラッチをゆっくりと繋いでいく。
 
徐々に動き出すNS-1。
 
同じことをしてみろと指導。
 
 
 
マネをしてやってみる。
 
しかし、エンスト。
 
 
 
繰り返すこと数回。
 
だんだんぎこちなくも動きだすNS-1。
 
最初はガクガクしていたのも、徐々にきれいにクラッチが繋がっていくタイミングを覚えていく。
 
いつの間にか乗れるようになりました♪
 
従兄の兄ちゃんはその他、目線の方向や前ブレーキ後ろブレーキの使いわけ等、色々なことを教えてくれた。
 
 
 
そして、初めての公道デビュー。
 
田舎ながらもビュンビュン車は通っている。
 
めっちゃ怖い!!
 
うまく流れに乗れるだろうか?
 
他の車に邪魔だと思われないだろうか?
 
色々考えてしまったが、そうも言ってられないので、安全確認をしていざ!
 
 
 
これがバイクの楽しさを知るきっかけでした(^^)/
 
 
 
それからはバイトの通勤に毎日使い、たまに山道を走ったり・・・。
 
田舎なので、そこら中が山なんですけどね(笑)
 
しかし、所詮はやはり原付。
 
法定速度は時速30km。
 
バイクの形状も相成りポリスと不良に狙われる日々(笑)
 
それくらい人気のあるモデルでしたし、クラスを超えたハイパワーでもありました。
 
知識のないきょん少年はいじることもあまりせずに、ただノーマルでたまに2ストオイルを足すくらい。
 
メンテナンスは皆無でしたねー。
 
インターネットというのもあまり普及していなかったので、情報もあまりなく、今考えればNS-1にかわいそうなことをしていたな・・・と。
 
 
 
走る以外にも良いこともありました。
 
 
 
それは・・・
 
 
 
モテる!
 
 
 
田舎なので、高校にバイクで通う子も結構いたのですが、やはり基本はスクーター。
 
一方、諸事情により学校にあまり縁のないきょん少年は、そんなの関係なし!
 
バイト先に行くと、入り待ち出待ちがいることも・・・。
 
 
 
当時の女子高生からしたら、他の子と違って見えたのでしょうねぇ・・・。
 
NS-1の停め場所を知っている同じのバイト先の子が、先に帰る時にシートに手紙付きでチョコレートを置いてくれていたり、何かと青春でしたね♪
 
・・・ちょっと調子に乗ってしまいました。
 
 
 
しかし、良いことばかり続くわけもなく。
 
ある不幸がきょん少年を襲うのでした。
 
 
 
                               つづく。

投稿者: きょん

2000年 初めてのバイクHONDA NS-1を購入。 2013年 普通二輪免許を取得。 2015年 YAMAHA YZF-R25を購入。 2016年 北海道ツーリングを計画中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です